学校の給食について

学校給食の献立が充実

特色豊かな学校給食の献立

明治22年からの長い歴史を持つ学校給食は、管理栄養士によって、それぞれの年齢に合わせた必要栄養素及びカロリーを考慮して献立が考えられます。近年、食に対しての関心が高まり、食欲の出る食べる楽しみについても考えられています。全国の市町村では、その地域の郷土料理や名産を使った献立も取り入れられたり、ブュッフェ形式にして同じ栄養素・カロリーの中から選べるようになっていたり、学校独自のアイデアも盛り込まれた給食作りが行なわれています。子供たちが食に関心を持ち、楽しみながら食事をするように取り組まれています。

給食は大変優れた制度

日本の学校給食たいへん優れている制度です。児童生徒に安価で安全な食事を一律に提供できるシステムを国内全域で運営できていることは、世界的に見ても稀であり、開発途上国のみならず先進諸国からも注目を浴びています。栄養バランスを考えたメニューや、季節やイベントによって供されるデザート、地産地消を目的として郷土料理を取り入れるなど、各地で特色のある給食が運営され、食育の観点からも児童生徒の成長を支えている制度です。学校内で調理される自校方式と、共同調理場で調理され各校へ運ばれるセンター方式があり、自治体ごとに運営方法は異なっているものの、概ね一ヶ月当たりの費用は4,000円前後と安価に設定されています。完全無料を実現している自治体もあります。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校給食の献立が充実 All rights reserved